抜けた歯を人工的に刺す|強度をあげたいならインプラントに切り替えよう

強度をあげたいならインプラントに切り替えよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

抜けた歯を人工的に刺す

医者

骨と一体化するため安定

インプラントとは、歯を人工的に埋め込む方法です。失った歯の顎の骨の部分にチタンでできた人工歯根を埋め込んで、それにセラミック製の歯を固定することで歯が再生されます。他の方法と比べてメリットが非常に多いため、神戸の多くの歯科医院で行われていて、件数も増えています。再生する歯が一本だけの場合、隣り合う2本の歯の場合、奥歯の場合、総入れ歯の場合と、それぞれのケースに合わせて、対応するインプラント治療があり、多くの神戸の歯科医院では行われています。インプラントのメリットは、歯が骨にしっかり固定されて、時間が経っても抜けることがほぼないことです。ブリッジや部分入れ歯のように隣の歯を傷める心配がないこと、口の中の違和感がほぼないこと、抜けたりズレる心配も少ないことがあります。

歯科を選んで治療を行う

インプラントは見た目が自然で本物の歯と見分けがつかないことで、口を大きく開けても自然なので、歯に対するコンプレックスも解消されます。 インプラントは部分入れ歯の代用としての方法が主ですが、総入れ歯を取り付ける方法としてのものもあります。磁石取り付け式のインプラントも存在し、取り付け、取り外しが非常に簡単です。 それぞれの患者の状況によって最適な歯の再生方法が異なるため、神戸の歯科では各々の方法の特徴をしっかり把握して治療を受けることが必要です。インプラントでも定期的な検査やメンテナンスは必要になるため、神戸の歯科医院の中でも評判の良いところや通いやすさを考慮して受ける歯科を決めることが重要になってきます。